コーリン引退

テキサス・トルネードの愛称を持つコーリン・エドワーズ。
もう40歳なんですね。

今シーズン限りでの引退と言うことで淋しい限りです。

1996年の鈴鹿8耐で、芳賀紀行とのペアで、最年少優勝。
これ以降の8耐で、ヤマハって勝っていない ・ ・
次の年に初めて8耐を観に行った ヤマハファンの自分としては、
あと1年早く観に行っていたら という悔しい思いが ・ ・

SBKで活躍していたコーリンは、2000年と2002年にチャンピオン獲得。
2002年は、シーズン後半に怒涛の9連勝で、逆転してのチャンピオンでした。

8耐では、1996年の他に
2001年 バレンティーノ・ロッシとペアで、
2002年 加藤大治郎とのペアで、優勝しています。
2002-8h-podium.png

2002年に大chanと8耐で優勝し SBKでシリーズチャンピオンになったコーリンの
MotoGP参戦は 2003年から。
大chanのクラッシュがあった あの鈴鹿のレースが初戦でした。

ワークス ・ サテライトで活躍し、
もう大ベテランの域に達しているコーリンですが、MotoGPでは未勝利。

本当に惜しかったのは、2006年のオランダ / アッセン。

その年にシリーズチャンピオンとなった、ニッキー・ヘイデンとの争い。
最終ラップ!
ニッキーを抜き、トップで最終シケインに!
アウトからかぶせるニッキー。
06NED-1.jpg
意地のぶつかりあいで、両者一歩もひかなかった最終シケインでは、
2人ともコースアウト
06NED-2.jpg
グラベルに入ったニッキーは、なんとかそこを通過。
しかしコーリンは、芝生にリアタイヤをとられハイサイド。
06NED-3.jpg
もう少しで初優勝だったコーリン。本当に惜しかった。
06NED-4.jpg
このあとマシンを起こし、何とかフィニッシュしています。

MotoGPの名勝負と言ったら このアッセンのレースが思い浮かぶ ・ ・
そのぐらい記憶に残っているのです。
( ちなみに、その時の2位は、中野真矢 )

今の体制では厳しいと思うけど、引退までに1勝してほしいなぁ




http://www.sugure.org/

人気 Blog Ranking ブログ村 Ranking
2つのランキングサイトに参戦中
クリックお願いします

テーマ : MotoGP - ジャンル : 車・バイク

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する