2009鈴鹿8耐観戦日記 後編

8耐観戦日記 後編のはじまりです。

土曜日の夜は、前夜祭とナイトピットウォークが開催されます。
ありがたいことに無料です。当然人が多い!
昨年のナイトピットウォークは身動きとれない状況でしたが、
今年はそうでもなかった・・・・・・そしてもらえるものも少なかった・・・・・
こういうところにも、今年の8耐の魅力減や不景気を感じてしまいました。
P1020548.jpg
夜に見るサーキットはまた違う雰囲気でちょっと幻想的でもあります。

土曜日のお風呂は混むので、我慢して日曜日の早朝に行くのがここ数年の慣習。
というわけで土曜日は早めに就寝。(よく眠れました)

日曜日は5時起床。
まずはお風呂です。さっぱりしてからサーキットへ。
遊園地内にあるプッチタウンキッチンで朝御飯バイキング。
たっぷり食べて動けなくなってしまいました。

8時間耐久レースのスタートは11時半。
雲の切れ間から時折太陽がでていて大丈夫かな?と思いつつも少し不安。
いよいよ始まりました。
有力チームのトップライダーが2周目に転倒するという波乱のスタート。
しかし、これは序章にすぎなかったのです。

ここで少しレースの豆知識!
MotoGPなどのレースは30分から45分ぐらいで、
途中雨が降ると、レース中断やマシン乗り換えなどがあります。
中断して再スタートとなるわけです。
しかし耐久レースで中断になることはほとんどありません。

今年の8耐は過去最悪と言っていいぐらいの天候でした。
黒い雲がみるみる広がり、土砂降りの雨。
ちなみに1回目です。
テントの中でひたすら雨を凌ぐ。写真など撮っている余裕もなし。
コース上にはセーフティカーが出て、スローペースのままレースは続きます。
少し経つとまた陽がさしてきて、一度濡れた路面も乾きはじめ
レース再開。
4時間を経過してから、またまた雨!
せっかく乾いた路面も、テントもまたまた濡れてしまう始末。
そしてまた雨はやむ。
少し経つと、また降ってくる!!!!

結局セーフティカーが計4回出動。
ゴールの時には雨はやんでいました。

転倒しても、マシンが燃えても、
晴れている真夏の中だろうと土砂降りの雨だろうと
ライダーはマシンを押してピットに帰ろうとします。
ピットにはペアライダーやスタッフがいます。
みんなの思いを乗せたマシンを持って帰るんだという意思
どんなことがあってもマシンを直してチェッカーを受けるという執念。
耐久レースでないと味わえない感動がそこにあります。

今年は、ヨシムラというチームが優勝しました。3人のライダーは皆 初優勝!
本当におめでとうございます。
そして、感動をくれたライダーみんなにありがとう です。
246169.jpg

あっ、そうそう、ゴールして表彰式のあとに花火があがるんですが、
その表彰式の途中からまた大雨!
でも、花火はあがりました。
雨でも花火ってできるんだ・・・と新たな発見をしてしまった今年の8耐は
まさしく記憶に残るレースでした。

いやあ、文章だけで長くなってしまいましたが
日曜日は、雨・雨・雨ばっかりで写真を撮るのも忘れていましたので
これで終わりです。

最後に 金曜日と土曜日に撮った レースを華やかにする女性たちの画像を掲載します。
P1020530.jpg P1020531.jpg
P1020551.jpg P1020553.jpg P1020550.jpg

ブログを始めてから、女性たちを撮ることが増えました。
こんなのばっかり撮っているわけではないです!!!(と苦しい弁解)

優勝したマシン

ヨシムラマシン


★ ART Factory ガラスグレート WebサイトURL ★
http://heartland.geocities.jp/artfactorygg/


にほんブログ村 その他生活ブログ ギフト・贈り物へ にほんブログ村 美術ブログ ガラス工芸へ にほんブログ村 バイクブログ バイク モータースポーツへ
にほんブログ村 ランキング参戦中!
クリックお願いします。


テーマ : モータースポーツ - ジャンル : 車・バイク

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する